2話完全無料ネタバレ

ヨールキ・パールキの「S家に嫁いだM嬢の日常」

▼医学も学ぶ…?!下の方中心♡▼


>>試し読みはこちらから

2話は医学の勉強!

お医者様の先生と女性器について勉強しました


※試し読みは会員登録不要です

>>試し読みはこちらから

乗馬を終えたメリーは

まだ興奮状態から覚めていない。

獣舎に戻った馬も、メリーの高ぶりにあてられたのか興奮状態が続いていた。

 

そんな馬を見た獣舎の職員も

メリーの乱れっぷりに反応し勃起していた。

 

その様子を確認したメイドは

「あなたも教育に協力しなさい!」と言うと

メリーに次の課題を与えた。

 

メリーはその勃起したチンポをオッパイではさみあげ

しごき始めた。

 

「きつく挟みこんで擦り上げて

谷間から除く先端を慈しむように舐めあげるのです」

 

その課題に忠実にメリーは職員のチンポを

擦り上げ、上下に動かしていく。

 

その谷間から出たり入ったりする先端からは

いつの間にか興奮汁が光っている。

 

ここでメイドはさらにメリーの乳首を刺激し始め

メリーは再び見事な乳首イキをしてしまう。

 

まだ下半身は物足りなさを残したメリーだったが

次の授業、そして夜の旦那様との本番に向けて我慢も訓練のうち…。

 

午後は医学の勉強の時間。

サルバトール家は医師の代々医師の家系。

 

嫁となったメリーも基本的な知識が必要である。

特に下半身の…。

 

メリーは台の上に座らされ、大きく股を広げる。

すでに午前中にもたっぷり濡れたマンコはここでも何かを待つように汁を滴らせている。

 

先生はメリーの尿道やマンコ、お尻の穴、クリトリス。

いたるところを器具で触りながら

その名称をメリーに答えさせる。

 

また、メリーが喜ぶ触り方で性感帯を刺激し、

尿道に至ってはとうとうメリーはたっぷりと放尿してしまうのだった。

 

このような訓練もサルバトール家の伝統。

夜の本番に向けて

さらにマンコの開発が進むのであった。

 

▼▼画像タッチで無料試し読み▼▼

 

2話の感想

▼▼画像タッチで即読み▼▼

 

獣舎の職員。

超ラッキー♡

この家では旦那様以外の人に対して大らか(笑)

誰とでも直接挿入さえしなければ何でもあり!

 

ま、馬でも(笑)

 

そして、それはお抱えの医師も同様で、

みんな寄ってたかってメリーを興奮させイかせることを使命としているみたい。

 

この広い屋敷でたくさんの職員から興奮状態を確認され

見られ続けるってM嬢にしたら最高の幸せでしょうね!

 

第3話ではメリーの生い立ちの紹介がありますが、

その際も、ただ見られることに興奮していますからね!!!

 

M嬢は見られることに対する興奮度合いが半端ない!

 

再認識ですねっ!

 

▼画像タッチで即読み▼▼

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました